【手話版】電話リレーサービス利用規約

第16条 利用の停止(手話・音声解説付き)

手話動画を含むコンテンツです 対象: すべての人
掲載日 : 2024年01月11日

テキスト解説を読む

電話リレーサービス利用規約
第 16 条 利用の停止

1 財団は、次に掲げる場合には、利用者による電話リレーサービスの利用を一時的に停止することができるものとします。
① 第6条第2項の規定による通知をした後、14 日以内に登録をした利用者又は法人から連絡がない場合
② 第7条の規定に違反して、パスワードを適切に管理していないと判断される場合
③ 第 10 条第9項の規定により郵送した請求書に記載された支払期日までに登録をした利用者又は法人から利用料金の支払がない場合
④ 登録に係る従業員利用者が登録をした法人に所属しなくなった場合又は聴覚障害者等に該当せず、若しくは該当しなくなったと財団が判断した場合であって、当該登録に係る従業員利用者について、他の従業員利用者に変更しないとき。
⑤ ①から④までに掲げるほか、利用者又は登録をした法人が本利用規約の内容に違反している場合
⑥ 前条①又は②に該当するものとして通話の切断を行った場合において、利用者が再度同様の通話を行う可能性が高いとき。
⑦ ①から⑤までに掲げるほか、利用者又は登録をした法人が電話リレーサービスの適切かつ円滑な提供を妨害する場合
2 財団は、前項の規定により利用者による電話リレーサービスの利用を一時的に停止した場合には、当該利用者に対して、その理由及び停止の期間をアプリ又は利用者サイトの伝言メモ機能、電子メール及び郵送により通知するものとします。

(一財)日本財団電話リレーサービスは、電話リレーサービスの利用に関する条件について、利用者との間で「利用規約」を定めており、利用者のみなさまにはサービス利用前に同意していただいています。

なお、動画内の字幕(オープンキャプション)は、利用規約の原文(日本語)を手話に訳した内容を表示しています。
正確な表現に関しては、日本語による原文または各動画のクローズドキャプション(CC)をオンにしてご確認ください。

【利用規約原文(日本語)】
電話リレーサービス利用規約


SNS でシェア